8/16

着なくなった服、捨てる?譲る・売る?

 

気になる二択を毎週学生100人にアンケート。リアルな結果とそのワケを大公開する、「学生100人に聞いた、あなたならどっち?」。第3回目のお題は…

 

着なくなった服、捨てる?譲る・売る?」

 

おしゃれに敏感な学生。服にお金をかけるという人も多いと思います。でも買った分だけ着なくなる服も増えていってしまいますよね。その着なくなった服、学生はどうするのでしょうか?

捨ててしまうのか、はたまた譲ったり売ったりするのか…。ワケアップキャンパス生としては、服も資源になるので簡単に捨ててほしくないところ。では、結果を見てみましょう!

 

あなたならどっち?

 

 

 

捨てるという人が36人、譲る・売るという人が64人という結果に。今の学生は譲る・売るという人が多いことが分かりました!ほっと一安心()

 

聞いてみた

捨てるワケ、譲る・売るワケをそれぞれ聞いてみました!

 

「捨てる」

・自分の服を他人に着せたくないから(大学3年男子)

・わざわざ売りに行くのが面倒(大学1年男子ほか)

・売ったり譲ったりする手間が嫌(大学3年女子)

 

「譲る・売る」

・まだ着れるのに自分の好みの変化で捨てるのはもったいないから(大学3年女子)

・フリマアプリで売ると意外とお金になるから(大学3年男子ほか)

・売って少しでもお金にしたい。そうしないと生活費が…(大学4年女子)

 

最近は、フリマアプリやオークションサイトなどで着なくなった服を売る人が多いようです。

 スマートフォン一台あれば簡単に服の売り買いができるが人気の理由。大量の服をお店にもっていかなくてもいい、自分で値段を付けて売ることができる、プチ収入になるというのも魅力ですよね。これなら売るのがめんどくさいという人も、実践しやすくなるかもしれませんね。

着なくなった服のなかには、まだ着られる服も多いはず。それを捨てるのではなく、また別の誰かが着てくれれば立派なリユース!

 

譲る派の中には、いらない衣料品を回収しているお店に持っていくという人もいました。

ユニクロは不要になったユニクロの商品を店頭で回収、その後難民や避難民、災害被災者などへの支援として服を寄付する活動をしています。

 

またHMでは、ブランドや服の状態の条件なしに回収を行っています。まだ着られる服は古着として、または別の製品としてリユースされたり、新しい製品や繊維にリサイクルされています。

 

この動画ではHMの回収された服の行方が紹介されています。

https://www.youtube.com/watch?time_continue=98&v=7i4JSzB8VlU

 

 着なくなった服にも無限の可能性があるんですね!

 

ちなみに私は…

私は譲る派。着なくなった服は、親戚に譲るか、集団資源回収に出しています。汚れや傷みがひどい服は、雑巾にするなど、できるだけ最後まで使うというのを心がけています。

 

服の整理をしていると、「買ったのに全然着ていないなぁ。」という服が出てきてしまうことも。全く着ていないのはもったいないし、服に申し訳ない…。

 

そういう服を生み出さないためにも、必要以上の服を買わない、衝動買いをしない、本当に着たいものだけ買うということも大事だなと思いました。これはリデュースですね!フリマアプリなどで売るというリユースもこれを機会にやってみたいです。

 

着なくなった服は譲る、売る、資源回収に出すほかにもいろいろな方法があります。ワケアップキャンパスのFacebookでは、着古したTシャツのおしゃれな再利用方法も紹介しているので、見てみてくださいね!

https://www.facebook.com/wakeupsendai/photos/pcb.242475802818871/242469929486125/?type=3

 

これを読んでいるみなさん、「あなたならどっち?」

 

 

参考:

ユニクロ

http://www.uniqlo.com/jp/sustainability/refugees/recycle/

 

HM

http://www2.hm.com/ja_jp/life/culture/inside-h-m/see-what-happens-to-your-wardrobe-rejects.html

 

 

みっきー

author みっきー

音楽と本とトートバッグが好き。夏生まれっぽくないねとよく言われます。ライフカルチャーとワケるの化学反応を皆さんにおすそワケ。