1/25

正月は1年で最もエコな日なんだモノ

日本全国が年の代わりに歓喜する1年に1度のイベント、お正月。

そのお正月がなぜ1年で1番エコな日なのかを今回の記事担当阿久津が書いていきたいと思います!

なにがエコなの?

エコという言葉は抽象的すぎてどんな方法でどんな種類のエコなのかがわからないですよね、私もそう思います。

リサイクル、残飯を無くす、森林伐採を少なくするなど。

 

私たちは紙資源を有効に再利用することに重点を置いて活動をしているので次回はそのことにも触れて書きたいです。

しかし今回は電気代に注目したエコを書いていきます!

 

 

 

お正月に電気代?

まさにこの疑問が浮かぶ方が多いのではないでしょうか。

家族でコタツに入りテレビを深夜まで観るお正月、イメージ的には電気代がかかりそうですよね。

 

しかしこれをご覧ください!

http://www.meti.go.jp/setsuden/electricity.html

こちらは2010年1/1〜2/3の東北電力管内における1日の消費電力を表にしたものです。

どうしても夏冬の消費電力が大きいため夏の方が消費電力が少ないものの、冬平均の消費電力1400万kwに対してお正月は約1000万kwと2/3ほどとなっています!

 

その要因として冬場は冷暖房が消費電力の数を握っているのですが、お正月は家族でまとまって家にいるため減ると推察されます。

仕事で職場の暖房やパソコンなどを使わないことも大きな要因の1つでしょう。

 

最後に

私もこの記事を書くまでは全くそのことに気づきませんでしたが調べてみて本当に驚きました。

なので自分の部屋で暖房を使うのではなく、家族みんなリビングに集まり暖房やテレビを観ることで環境に優しく、消費電力を減らすことができるので財布も、心も温まりますね。

 

阿久津 風樹

author 阿久津 風樹

意識高そう、身長高すぎと言われがちな僕ですが副リーダーとして仙台市民として活動に精を出していきます。